外国通貨の売買

FXシステムトレードとは
システムトレードの種類
人気の業者
初心者でも出来る?
危険性とは
本当に稼げる?
FXのフリーソフトとは
必要な資金は?
FX自動売買詐欺とは
バックテストとは?

FXシステムトレードの種類について

FXを円滑に進めていくためのツールとして、FXシステムトレードがあります。
これを利用することによって、システムによって自動的にトレードを行わせることが可能になります。
これの利点としては、ずっとパソコンの前に貼りついてトレードの作業をし続ける必要が無く、最初の設定さえ行えば後は自動でトレードが行われるという点です。

システムトレードと一口にいっても、その中にはさらにいくつかの種類に細分化することができます。
システムトレードの種類としては、大まかに分けると、自作型と戦略選択型、トラップ型の3つに分けられます。

3つのシステムトレードの種類について簡単に説明すると、まず最初の自作型とは自分で1からシステムを作り上げるタイプです。
戦略選択型とは複数のシステムトレード戦略があらかじめ用意されていて、その中から自分に合った戦略を選択するタイプのことです。
最後のトラップ型は単純なしかけをつくり、それをトラップとして用いてトレードをするタイプのことです。

3つのシステムトレードのタイプを詳しく説明します。
まず自作型のシステムトレードは、3つのタイプの中では一番自由度の高いタイプです。
トレードに関する知識や技術が必要とされますが、自分で全てを組み上げることができるので、自分の理想のシステムを作ることができます。
FXのトレーダーの中でも上級者の方はこの自作型のシステムトレードを用いています。

次に戦略選択型のシステムトレードですが、こちらはFXの取引業者が用意しているシステムから選ぶことになります。
用意されているシステムの実績なども公開されているので、初心者向きのシステムトレードといえます。
自分の気に入ったシステムを選択するだけで良いです。

最後にトラップ型ですが、これは相場の値動きに反応して、値が上がれば売り、下がれば買いを繰り返すという単純なシステムトレードです。
この3つはそれぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合ったものを選びましょう。