外国通貨の売買

FXシステムトレードとは
システムトレードの種類
人気の業者
初心者でも出来る?
危険性とは
本当に稼げる?
FXのフリーソフトとは
必要な資金は?
FX自動売買詐欺とは
バックテストとは?

FXシステムトレードのバックテスト

FXの取引をするときにシステムトレードを利用している方は多いのではないでしょうか。
システムに全ての取引を任せることによって、24時間自動的に売買を済ませることができます。
リスクも多少はありますが、それ以上に大きな利益を得る可能性が高まるので有効な方法として、多くの人が利用しています。

システムトレードを行うためには当然ながらシステムを用意する必要があります。
そして、システムに関連してバックテストというものを行う必要があります。
バックテストというのは、システムが実際の相場できちんと使えるものであるのかどうかを判断するために行うテストのことです。
過去の相場を元にして、利益を出せるかどうかの確認を行います。
これによって、もしそのシステムを運用していたら、過去の相場でどのくらいの利益を上げることができるのか、あるいはどの程度の損失を出していたのかどうかを確認できます。

バックテストの結果から判断して、そのシステムが実用に足りるほどの性能をもっているのかどうかを判断することになります。
せっかくシステムを用いてトレードをするのであれば、利益を出すことは非常に大切なことです。
利益を出さずに損失ばかりを出すシステムであれば、実用で使うことなんてできません。

バックテストを行う場合はできるだけ現実の取引と同じような環境を使う必要があります。
そうでないと、非現実的な環境でテストを行って利益を上げたとしても、それは現実の相場とは全く異なる環境で利益を上げることができただけなので、テストの意味がなくなります。

システムトレードを用いて上手く利益をあげることができるのかどうかは、どのようなシステムを使うのか、そして、しっかりとバックテストを行うことによって、
実用で確実に利益をあげることができるのかどうかを、しっかりと判断をするということが重要となります。

システムトレードは上手く使えば、現実の相場でも大きな利益をあげることができるので、有効に活用しましょう。